横浜山手西洋館のエリスマン邸

2月9日~14日まで、横浜山手西洋館 エリスマン邸にて、バレンタインの装飾が行われ、マテュースの食器をご使用いただきました。

スイス生まれの貿易商フリッツ・エリスマン氏の邸宅であったエリスマン邸は、「近代建築の父」と呼ばれたアントニン・レーモンドの設計だそうです。

横浜山手西洋館のエリスマン邸
横浜山手西洋館のエリスマン邸
エリスマン邸でのテーブルコーディネート

マテュースの中でも人気の食器である、レースプレート 21cmふた付きレースボウル H12cmを中心としたテーブルコーディネート。バレンタインを盛り上げるハート飾りに、気持ちもワクワクしますね♪

エリスマン邸でのバレンタインテーブル
横浜山手西洋館のエリスマン邸

暖炉のある応接室のテーブルでは、グレー色とプラム色のリトルレイクプラッターエスプレッソカップ・ソーサー。すっきりとしたインテリアや家具も素敵ですね。

ご来場いただきました皆様、神奈川インテリアコーディネーター協会の山本直子様、食空間コーディネーターの福田博子様、横浜山手西洋館の皆様、誠にありがとうございました。

公式オンラインショップ

MATEUS(マテュース)の食器を販売中!
おもてなし食器と雑貨 Mjuk Lifestyle